奈良一刀彫の会

奈良一刀彫の会。作品づくりを通して生活に潤いを感じる会です。

奈良一刀彫の会
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

奈良一刀彫の会について




◎会の師・先生の系譜について

(故)柴田一華師に師事した植田東園先生(大正元年~平成

10年)に指導を受けたメンバーが中心で指導者として活動し

ている者もいます。


  
*神箸東林(3代) ⇒ 大林東壽 ⇒ 柴田一華 ⇒ 植田東園
   ⇒  奈良一刀彫の会となります。










◎研究会での一刀彫の学び方と取り組み
  
  
①達磨で彫りを学ぶ・・・
     
一刀彫の基本である面構成を習得します。
  
  
②雛人形で彩色を学ぶ・・・
     
奈良一刀彫は極彩色が特徴、その彩色を習得。

  
③自由な課題に進む・・・
    
①②を習得すれば能人形など自由な課題に挑戦。


   早い時期に自由な課題に取り組むことで
   ★楽しく  のびのびと一刀彫に挑戦★
   途中で挫折することなく継続できます。

     
  
楽 し く ・・・「 継 続 は 力 な り 」

会員募集中!です。
週一回程度の教室で達磨や立雛が彫れるようになります。
ご希望の方は教室受講の曜日・時間を
お問い合わせください。










◎奈良一刀彫の会は

(故)植田東園先生に師事を仰いだメンバーが中心でその基本理念

を継承しながら奈良一刀彫を愛する新たなメンバーも加えて、一刀彫

技術のレベルアップを図ること、そして奈良一刀彫ファンを拡大する

ことを目的に「奈良一刀彫の会」(同好会)を発足させました。

  
 同会のメンバーは奈良一刀彫の原点を求めて製作活動を続け「旧

きをたずねて新しきを知る」をモットーに伝統芸術に挑戦しています。